FC2ブログ

プロフィール

長尾織布

Author:長尾織布
阿波しじら織・藍染めの長尾織布です!
http://www.awa-shijira.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
近年、風呂敷の良さが見直されています。

風呂敷結んだ図


以下、Wikipedia一部引用

物を包む布としての起源は奈良時代に遡ることができ、正倉院宝物の中に舞楽の衣装包みとして用いられたものが残っているそうです。
 
風呂敷と呼ばれるようになったのは、室町時代のお風呂は蒸し風呂のようなものであったため「むしろ」「すのこ」「布」などが床に敷かれていた。これが風呂敷の起源であるとの説もあるそうです。

このような入浴の際の習慣は、江戸時代にも継承されていた。江戸時代初頭、湯を張って入浴に供する商売:銭湯が誕生したが、元禄時代頃から江戸や上方の町では銭湯が盛んになり、庶民も衣類や入浴用具を「平裹(平包)」に包み持って銭湯に出かけている。風呂に敷く布で包むことから、「平裹(平包)」に代わって「風呂敷包み」や「風呂敷」と広く呼ばれるようになった。このようにして広まっていった包むための布としての風呂敷の呼称は、やがて「風呂で敷く布」から、「包む布」として行商人たちによって全国に広められていったと考えられるとのことです。

伝統的な素材は『絹』と『綿』ですが、現在はさまざまな素材の風呂敷があります。
結び方もいろんな結び方があり、用途もテーブルクロスにしたり、ソファーカバーにしたりとアイデア次第でいろんな使い方ができます。

包むもののサイズや形状にとらわれず包むことができ、小さく折りたたんでバッグにしまうこともできる。
これらの理由もあり、古くから親しまれてきた風呂敷が、現代風のアレンジで見直されてきたのでしょうね。

下記URLで弊社の風呂敷が販売中です!

http://www.awa-shijira.com/shop/?action_shop_item_view_detail=true&sid=70

http://www.awa-shijira.com/shop/?action_shop_item_view_detail=true&sid=69


<< アメリカからの観光 | ホーム | 保育園児の工場見学! >>


 BLOG TOP